スポーツ医・科学研究室 研究概要

<本研究室の研究テーマ>

 本研究室では、アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防の共通点と非共通点を明らかにすることを目標に、研究活動を行っています。そのために、以下のテーマを中心に研究を行っています:

1) スポーツ傷害発生メカニズムの解明

2) スポーツ傷害の予防方法や予防メカニズムの解明

3) パワー・筋力発揮能力や、そのトレーニング効果に影響を与える要因を、バイオメカニクス的に解明すること

4) スポーツ傷害を予防し、且つ、パフォーマンス向上につながる合理的な動作や神経筋制御様式などの解明

 

 

<なぜ以上の研究テーマが重要か>

 急激な減速・加速動作を頻繁に行う球技などのスポーツを行うアスリートは、前十字靭帯損傷や足関節捻挫などの急性外傷や、膝蓋大腿疼痛症候群などの慢性的な痛みを罹患する可能性が高いことが知られています。一方で、急激な減速・加速動作を行う能力は、アスリートの競技能力を構成する、重要な要因の一つです。したがって、競技力を向上させるためには、パフォーマンス向上のためだけでなく、スポーツ傷害の予防という目的からも、トレーニングやコンディショニングを行っていく必要があります。本研究室は、それを行うための科学的知識を体系化することを目標とし、バイオメカニクス、トレーニング科学、スポーツ医学などの様々な観点から研究を行っています。

 

<本研究室の指導理念>

 本研究室では、以下の二つの指導理念に掲げ、研究指導を行っています:

  • スポーツ実践者・指導者的視点を持ち合わせているスポーツ医・科学者の育成
  • スポーツ医・科学者的視点を持ち合わせているスポーツ実践者・指導者の育成

 スポーツ医学、スポーツ科学に興味がある方、トレーニングやリハビリテーション指導などでアイディアや考え方の幅を広げたい方、実践(芸術)と科学の融合を目指したい方、本研究室の活動に興味を持った方などは、遠慮なく、yshimoko@ouhs.ac.jp(下河内)までご連絡ください。

 

大阪体育大学, 大阪体育大学大学院

教授 下河内洋平, PhD, ATC, JATI-AATI