研究室メンバー

下河内 洋平 (しもこうち ようへい): 博士(Exercise and Sport Sciences)

 

現大阪体育大学教授。2003年にアメリカ合衆国ミネソタ州においてNATA-BOC公認アスレティックトレーナーの免許を取得。2006年にノースカロライナ大学グリーンスボロ校において博士号(運動・スポーツ科学)を取得後、2007年まで同大学においてフルタイムのPostdoctoral Research Associateとして働く。20079月より大阪体育大学に就任し、現在に至る。非接触性前十字靱帯損傷予防のメカニズムの解明や、そのための合理的なトレーニング方法の開発などを研究テーマの主軸として研究活動を行っている。現在大阪体育大学女子ハンドボール部のコンディショニングコーチとして、スポーツ傷害予防とパフォーマンス向上を目指したトレーニング指導も行っている。

 

リンク

大阪体育大学 教員紹介ページ

PubMed 

 

助手:桑野聡(大阪体躯大学大学院修了、柔道整復師)

 

<博士後期課程 >

井口理(関西医療大学講師)

内田靖之(関西医療大学講師)

魚田尚吾(森北育宏研究室所属、森北教授との論文共同指導) 

 

<博士前期課程 >

池田克也(龍谷大学スポーツ・文化活動強化センター S&Cコーチ

鎌田洋輔(角谷リハビリテーション病院、作業療法士)

小村祐介(大阪経済大学出身) 

中陳慎一郎(株式会社プロフェッショナルトレーナーズチーム、日体協アスレチックトレーナー理学療法士)

下村美月(大阪体育大学卒業、女子ハンドボール部出身)

 

<研究生>

油谷浩之(スマートストレングス)